yushikai.jpg

# # #


友史会は大和歴史館(現奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)の友の会として昭和30年(1955)に発足しました。
考古学の最新の話題満載の講演会と遺跡めぐりを定期的に開催しています。

★博物館休館中の友史会活動について (博物館が2018年12月24日から休館中です。)

 友史会は来年度もさらに中身の濃い内容で継続します

 ◎問い合わせ窓口
 専用電話(050-3351-2177)は3月31日まで毎週水曜、金曜(祝日休み)の10時から15時まで受け付けております。4月以降は追って連絡します。
 ホームページのお問い合わせコーナーは常時受け付けております。

来年4月以降、下記の活動を予定しております。
 ◎例会 猛暑、厳寒の6、7、2月を講演会(研究講座)として、気候の良い5、10、3月を歩く例会とします。残暑の9月はバスを使います。 
  歩く例会 7回:4,5,9,10,11,12,3月
  例会講演会 3回:6,7,2月
 ◎講演会(研究講座) 古墳時代と古代の会員向け連続講座(古墳と古代を交互に)とし、
     各回1人の講師に2時間ひとつのテーマをじっくり掘り下げて講演いただきます。講演会のレジュメ(講演要旨)は会報に掲載します。 
 ◎友史会総会 新しく講演会月となる2月に開催します。
 ◎国内遺跡旅行 貸切バスを使い、現地の先生の案内で6月2日(日)に日帰りで開催予定です。
 ◎大和考古学講座 従来通り、東京支部4回、名古屋支部2回開催します。
 ◎名古屋講演会 秋の名古屋大学ホームカミングデーに合わせて開催予定です。
 ◎遺跡地図 『シート43「南山城(木津川市、綴喜郡井出町)の遺跡』を発行します。

皆様、奮って来年度の入会更新をお願いいたします。
 入会申し込みは郵便為替で振込頂くか、例会講演会でも受け付けます。
 継続の方は会報をお送りした封筒に、会員番号、住所氏名を記入した振込用紙と会費を封入いただき、受付係りに渡しください。

「遺跡めぐり」を更新しました。(2019/3/12)

例会・講演会

◆友史会 ◇橿原考古学研究所附属博物館行事

◆4月21日(日)友史会4月例会「文化財の保存を考える~旧柳生街道(滝坂の道)編~」
 案 内:勝川若奈先生(橿考博)
 集 合:奈良県庁前(近鉄奈良駅より東へ徒歩約10分)  午前10時      
     JR奈良駅から県庁前までは、東口2番乗り場で奈良交通バス市内循環外回りに乗車約10分、県庁前下車。10分間隔で運転。
     奈良県庁→寝仏→夕日観音→朝日観音→首切地蔵→春日山石窟仏→地獄谷観音→春日大社(解散)
 旧柳生街道に点在している石仏たちの劣化状況を観察しながら、文化財(特に今回は屋外にある石造文化財)と保存科学の在り方を皆様に考えていただけるような例会になれば良いと思っています。

◆4月28日 (日)第118回東京大和考古学講座 14時~16時30分(受付:13時30分)
「畿内における群集墓研究の現在」絹畠 歩氏(橿考研 調査課調査第2係)
 会 場:東京国立博物館1F大講堂
     西門から入場してください。(JR上野駅公園口から徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩15分、京成電鉄 京成上野駅から徒歩15分)
 会 費:友史会員は無料(会員証を提示してください)、一般の方は参加料として1000円
  往復ハガキにて「第117回大和考古学講座申込み、会員または一般」と明記のうえ、住所・氏名・フリガナ・会員番号(会員のみ)を記入し、
  本会報末尾掲載の友史会事務局宛お送りください(ハガキ一枚につき一名有効、先着390名まで)。
 受付開始:2月11日 締切:4月5日(金)参加証は締切後順次発送


◆6月2日(日)友史会国内遺跡見学バス旅行(予告) 日帰りでバス2台で催行 集合・解散:新大阪駅予定  見学する遺跡を変更しました。
 申込み :5月会報に同封の申込用紙で申し込みいただきます。
 訪問先 :徳島県で遺跡が集中する徳島市気延山山麓の弥生時代、古墳時代、古代の遺跡。(鳴門市域には行きません)
 見学先 :徳島市立考古資料館、山の神古墳(前期 前方後円墳全長60m)、奥谷1号墳(前期 前方後方墳全長50m)、宮谷古墳(纏向形前方後円墳全長30m)
八倉比売神社古墳(前期 方墳と円墳がセットになった古墳 墳頂では古墳の石材を集めて五角形に積み上げて地神をまつる)
      矢野古墳(後期 結晶片岩の横穴式石室を持つ円墳) 時間の余裕があれば国分寺、国分尼寺跡を巡ります。矢野銅鐸出土地(遠望)

お知らせ

★6月上旬発行の「橿考研通信3」には友史会の紹介記事が掲載されています。 
 博物館・情報コーナー等でご覧ください。研究所ホームページでPDF版の配布が行われています。
 研究所ホームページをご覧ください。
http://www.kashikoken.jp/publication/kashikokentsu...

★東京大和考古学講座から申込み方法が、往復はがきに変わります。
 メールでの申し込みは受付できません。また、出席の可否などの電話問い合わせも受け付けておりません。
 【申込み方法】往復はがき(1人1枚)に「第xxx回大和考古学講座申込み、会員または一般」と明記し、
        住所・氏名(フリガナ)・会員番号(友史会員のみ)を記載し、友史会事務局宛に送付してください。
        申込み受付:締切後に受講の可否を返信します。
       友史会事務局:〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館内

★一般社団法人日本考古学協会に、2018年度から新たな賛助会員制度として、フレンドシップ会員、学生会員が設けられます。
会費 フレンドシップ会員   5,000円     学生会員        3,000円
各賛助会員には、協会の刊行物のうち、総・大会の『研究発表要旨』と『会報』(年3回発行)を配布されます。
詳しくは一般社団法人日本考古学協会ホームページをご覧ください。
http://archaeology.jp/admission/sanjo/

 会報経費節減等の事由により今後、会員の皆様への会報到着が数日、遅れ
 ることがあり得ます。ご了解下さい。
 遺跡を歩く例会は博物館の副館長、学芸員の先生方の熱心なご指導のもとに
年7回、実施しています。
○次のものを持参して下さい。
 ・当日の資料としての当月号会報
 ・会報を送付した封筒と、会員証
 ・FMラジオ(遺跡説明の受信用)
 ・弁当、飲用水(夏場の熱中症予防のため頻繁に水分摂取を心がける)
○例会中、次の事項を守って下さい。
 ・歩きやすい服装と靴を着用
 ・交通ルールの順守(信号点滅時の道路横断不可、道路片側を歩く)
 ・講師説明中の私語を慎むこと
 ・見学地での遺物の採取は不可
※見学当該地に午前6時の時点で気象警報が発令されていれば、原則として例会
 は中止になります。
 友史会事務局では現在、橿考研附属博物館への入館者の増加協力に取り組んでいます。
 博物館の入館者数を増やして、博物館を盛り上げましょう。
 研究所と博物館主催の講演会・研究講座に来場の皆さん。博物館へ行きましょう。
 入館の際には必ず、友史会会員証を提示して下さい。
 65歳以上の会員は年齢を証明する運転免許証やカード類等ではなく、友史会会員証で入館して下さい。
『森本六爾関係資料集Ⅱ』 ¥2600(税込)
『森本六爾関係資料集Ⅲ』 ¥3300(税込)

送付の場合は別途送料が必要です。

『森本六爾関係資料集Ⅰ』は完売致しました。
 友史会のホームページアドレスは本年1月から
http://www.kashikoken-yushikai.org/ に変更しています。

旧アドレス
http://www.kashikoken-yushikai.jp/は友史会とは関係のない団体が使用しております。ご注意ください。

遺跡めぐり

日時:2月17日(日)
集合:近鉄橿原線橿原神宮前駅東口 10時
案内:重見 泰 先生(橿考博 主任学芸員)
行程:雷丘→飛鳥坐神社・飛鳥山口坐神社→酒船石遺跡→飛鳥宮跡→岡寺・岡寺古墳→治田神社→ミハ山→飛鳥稲淵宮殿跡→坂田寺→都塚古墳→石舞台古墳→川原寺裏山遺跡→甘樫丘→橿原神宮前駅(解散)
案内 小栗 明彦 氏
日時 12月16日(日)
集合 JR・近鉄線 天理駅
行程 天理駅→ダンゴ塚古墳→袋塚古墳→別所鑵子塚古墳→塚山古墳→伝別所大塚古墳出土組合式石棺→別所大塚古墳→山邉御縣神社にて昼食→石上大塚古墳→ウワナリ塚古墳→岩屋大塚古墳→ハミ塚古墳→天理駅(全行程約11km)
案内 青柳 泰介 氏
日時 11月18日(日)
集合 10時 阪急嵐山駅前
行程 ①阪急嵐山駅→(渡月橋)→②大井神社→(渡月橋)→③一の井堰→④宗像神社→⑤法輪寺→⑥松尾大社→⑦月読神社→⑧松尾中(松室遺跡)→昼食・休憩(上桂公園)→⑨蛇塚古墳→⑩広隆寺→⑪大酒神社→⑫木島神社(蚕の社)→⑬天塚古墳→⑭太秦天神川駅解散
2018年9月例会「銅鐸出土地を巡るⅦ」
案内 北井利幸氏
行程 JR新大阪駅→淡路サービスエリア→南あわじ市滝川記念美術館玉青館→古津路銅剣出土地→慶野中ノ御堂銅鐸出土地→洲本市立淡路文化史料館→五斗長垣内遺跡→JR新大阪駅

案内 鶴見泰寿先生
日時 7月15日(日)10時
集合 平城宮跡資料館前
行程 平城宮跡資料館→第一次大極殿→中央区朝堂院→朱雀門→朱雀門広場→昼食(平城宮いざない館は昼休憩後にまとまって見学します)→壬生門→兵部省・式部省→小子部門(ちいさくべもん)→建部門(たけるべもん)→東院庭園→東院→東区朝堂院→第二次大極殿→内裏→宮内省→平城宮跡遺構展示館→造酒司井戸→大膳職(だいぜんしき)→佐紀池(午後三時解散)