yushikai.jpg

# # #


友史会は大和歴史館(現奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)の友の会として昭和30年(1955)に発足しました。
考古学の最新の話題満載の講演会と遺跡めぐりを定期的に開催しています。
友史会はいつでもどなたでも入会いただけます。
入会申込みは不要です。振込用紙に必要事項をご記入の上会費を振り込んでください。【お知らせ】のページをご覧ください。

[お知らせ】
★今後の行事とコロナ対応
 ・開催場所の自治体や会場から自粛要請がない限り行事は開催します。
  特にホームページに掲示の無い場合は開催です。中止の場合は中止と掲載します。
  感染対策は継続します。
 ・熱、咳のある方は参加をご遠慮ください。 検温を実施しています。37.5度以上の方は参加をお断りします。
 ・講演会場では運営委員の指示に従い、手を消毒し、席を空けてお座りください。
 ・講演会場、例会集合場所ではマスク着用し、会話は極力お控えください。

 ・研究所ロビーでの食事は禁止です。
 ・例会では参加者記録のため封筒を回収します。

例会・講演会

◆友史会 ◇橿原考古学研究所・附属博物館行事

◇7月9日(土)~8月7日(日) 8月11日(木)~9月11日(日)「速報展 大和を掘る37」
 速報展『大和を掘る』は、おもに前年度の県内遺跡の発掘調査資料の展覧会として、県内市町村ほか各機関のご協力を得て例年開催しています。37回目となる今回は、当博物館が大規模改修工事のために閉館していた期間を含む、4ヵ年の間に発掘調査された遺跡のなかから約60遺跡を選び、出土遺物・調査写真パネルを展示いたします。奈良県における最新の発掘調査の成果を多くの方々にご覧いただき、豊富な文化財を確認するとともに、奈良県の魅力を知っていただきたいと思います。
 休館日 7月18日を除く毎週月曜日、7月19日(火)※8月9日(火)・10日(水)は展示替えのため本展覧会は観覧不可

(◆8月は例会は休み。会報も休刊です。)

◇8月20日(土)「速報展 大和を掘る37」土曜講座3 会場:奈良県立橿原考古学研究所 講堂 時間:午後1時より(12:00開場)
 「橿原市 曽我遺跡」 絹畠 歩   (当研究所)
 「桜井市 纒向遺跡」 西村 知浩  (公益財団法人桜井市文化財協会)
 「五條市 岡口水落遺跡・岸明遺跡」 前坂 尚志  (五條市教育委員会)
 「桜井市 藤原京左京北一条六・七坊 北二条七坊」 木村 理恵  (当研究所)

◇9月3日(土)「速報展 大和を掘る37」土曜講座4 会場:奈良県立橿原考古学研究所 講堂 時間:午後1時より(12:00開場)
 「橿原市 慈明寺遺跡」 内藤 元太  (当研究所)
 「橿原市 本薬師寺跡」 石坂 泰士  (橿原市)
 「高取町 清水谷遺跡」木場 幸弘  (高取町教育委員会)
 「橿原市 土橋遺跡」 鈴木 朋美  (当研究所)

◇9月10日(土)「速報展 大和を掘る37」土曜講座5 会場:奈良県立橿原考古学研究所 講堂 時間:午後1時より(12:00開場)
 「御所市 出屋敷遺跡・今出遺跡」 金澤 雄太  (御所市教育委員会)
 「御所市 中西遺跡・今出遺跡」 西浦 熙   (当研究所)
 「明日香村 牽牛子塚古墳・越塚御門古墳」 西光 慎治  (明日香村教育委員会)
 「明日香村 小山田古墳」鈴木 一議  (当研究所)

◆9月18日(日)9月例会「銅鐸の出土地を巡るⅨ」案内:北井利幸指導研究員
 「銅鐸の終焉と古墳時代の始まり」の現地見学会です。集合:JR岡山駅(東口桃太郎銅像付近)10時20分
 JR岡山駅→古代吉備文化財センター→高塚銅鐸(突線鈕2式銅鐸)出土地(矢喰ノ岩公園)→神明銅鐸出土地→吉備真備公園
 →備中呉妹銅鐸(突線鈕2式銅鐸)出土地→黒宮大塚墳丘墓→宮山墳墓群→鯉喰神社墳丘墓→楯築墳丘墓→JR岡山駅(18時頃)
 岡山県の遺跡をバスでめぐります。事前申し込みでバス代6000円を徴収します。申し込み方法は9月号でお知らせします。昼食は各自準備ください。

◆10月2日(日)第131回 東京大和考古学講座
 会場:東京都立産業貿易センター浜松町館4F 第3会議室(JR山手線浜松町駅北口から東へ、歩行者デッキを徒歩5分)
 開場 13:30 開演 14:00-16:30 終了
 「大和における弥生社会の多様な展開ー各地域の集落の動向を中心としてー」講師:川上洋一 奈良県立橿原考古学研究所 調査部長
  奈良盆地東南部には、弥生時代前期から後期に至るまで継続的に営まれた全国有数の規模をもつ唐古・鍵遺跡や、坪井・大福遺跡をはじめとする環濠集落が営まれた。これらの大規模な環濠集落から描かれる大和の弥生社会のイメージは、大和以外の地域とは異なり、継続的で安定したイメージが強くなる。一方で奈良盆地内の他地域や隣接する吉野川流域では集落の展開が異なることが明らかになってきた。これらの様相をもとに、各地域で多様に展開した大和の弥生社会について検討します。
 申込要領 : 往復ハガキで友史会事務事務局あて申し込み 1枚につき1名フリクションペン不可
 往信うら面に、「第131回東京大和考古学講座申込」、住所・氏名(フリガナ)・会員番号・電話番号を記載、
 返信表面に、返信先を記載し、返信うら面には何も書かないでください。事務局で受講票を印刷します。
 締 切:令和4年9月23日(金) 消印有効

 令和3度までは、博物館休館に伴い、歩く例会と例会講演会の開催月を変更しておりましたが、令和4年度より博物館行事にあわせて従来に戻します。
 歩く例会:4,6,7,9,10,12,3月    例会講演会:5、11、2月  例会・会報休み:8、1月

お知らせ


★一般社団法人日本考古学協会に、2018年度から新たな賛助会員制度として、フレンドシップ会員、学生会員が設けられます。 

会費 フレンドシップ会員   5,000円     学生会員        3,000円
各賛助会員には、協会の刊行物のうち、総・大会の『研究発表要旨』と『会報』(年3回発行)を配布されます。
詳しくは一般社団法人日本考古学協会ホームページをご覧ください。
http://archaeology.jp/admission/sanjo/

友史会はいつでもだれでも入会できます。
皆様、奮って来年度の入会・更新をお願いいたします。
  入会申し込みは、住所、氏名、年齢、性別を通信欄にご記入の上、下記口座へ会費をお振り込みください。
 ○年会費 一般4000円 学生2000円 (4月から翌年3月まで1年間)
  10月以降申し込みの場合、その年の会費は一般2000円
 ○振込み先  ゆうちょ銀行口座 00940-8-76410 奈良県立橿原考古学研究所 友史会
  お問い合わせのページから住所氏名を連絡いただければ専用振込用紙をお送りします。
  例会・講演会でも受け付けます。
  継続の方は会報をお送りした封筒に、会員番号、住所氏名を記入した振込用紙と会費を封入いただき、受付係りに渡しください。」

遺跡めぐり

▽日時 7月17日(日)10時集合
▽案内 伊東菜々子技師
▽集合 奈良県文化会館(近鉄奈良駅から東へ徒歩5分)
▽行程 奈良県文化会館前集合→奈良女子大学→聖武天皇陵→多聞城跡→北山十八間戸→旧奈良監獄→奈良豆比古神社→元明天皇陵→元正天皇陵→那富山墓→黒髪山稲荷神社→興福院→狭岡神社
日時 6月19日(日)午前十時
集合 JR郡山駅
案内 鈴木朋美主任研究員
行程 JR郡山駅→稗田環濠・売太神社→稗田・若槻遺跡→若槻環濠→美濃庄遺跡→平城京羅城門跡・長塚遺跡→杏(からもも)近衛1~3号墳→姫寺跡→大安寺
日時 5月29日(日)
案内 公益財団法人滋賀県文化財保護協会 辻川哲朗氏・宮村誠二氏
   橿原考古学研究所 吉村和昭学芸課長
日時 4月17日(日)午前十時
集合 JR・近鉄線 天理駅
案内 小栗明彦指導研究員
行程 天理駅→三島(神田)地区→豊田地区→豊井(宇久保)地区→豊井地区→布留地区→三島地区→(天理教お茶所付近で昼食・トイレ休憩)→布留(上ノ垣内・出口)地区→布留(西小路)地区→杣之内地区→杣之内(赤坂・北池)地区→杣之内(大東)地区→守目堂地区→(天理参考館前で解散)
▽日時 3月20日(日)午前十時
▽集合 JR万葉まほろば線櫟本駅 集合解散
▽案内 青柳泰介 学芸係長
▽行程 JR櫟本駅→櫟本墓山古墳→柿本寺跡・和爾下神社古墳→赤土山古墳→東大寺山古墳→櫟本高塚遺跡→和爾坐赤阪比古神社(昼食)、和爾・森本遺跡(積水展示)→和珥坂下伝承地→和爾遺跡・和爾古墳群→JR櫟本駅解散