◇4月20日(土)~6月16日(日)
  令和6年度春季特別展「家形埴輪の世界」

開館時間:9~17時(入館16:30まで) 休館日:月曜日
会場:付属博物館 特別展示室、瑞山ホール
〇研究講座(於:研究所講堂)各回13時~16時30(開場 12時)
              聴講無料、申込不要
第1回 4月28日(日)
   青柳泰介(当館)「家形埴輪総論」
   穂積裕昌(三重県埋蔵文化財センター)「高殿と室の家形埴輪を探る」
第2回 5月12日(日)
   今西康宏(高槻市)「今城塚古墳と畿内の家形埴輪」(仮)
   泉 眞奈(藤井寺市)「古市古墳群の家形埴輪」(仮)
   古市 晃(神戸大学)「王宮と家形埴輪」(仮)
第3回 6月9日(日)
   秋元陽光(日本考古学協会)「壬生富士山古墳と東国の家形埴輪」(仮)
   花熊祐基(堺市) 「百舌鳥古墳群の家形埴輪」(仮)
   笹生 衛(國學院大學)「古代祭祀と家形埴輪」(仮)
〇列品解説  日時:会期中の土曜日に3回予定 
   各回10時30分~11時30分、14時30分~15時30分
   4月20日(土)、5月18日(土)、6月1日(土)   
   場 所:当館 特別展示室、瑞山ホール
   備 考:申込不要、入館料が必要。
◆5月25日(土) 国内遺跡旅行「岐阜県南西部 西濃の古墳時代の始まり
             ―昼飯大塚古墳とその周辺の遺跡を巡るー 
 集合:JR京都駅 8:00
 案内:中井正幸(岐阜聖徳学園大学特別研究員・非常勤講師)
 見学予定:象鼻山古墳群、東町田墳墓群、上磯古墳群、昼飯大塚古墳他
◆6月16日(日) 6月歩く例会「大和八木駅から橿原神宮前駅までの遺跡を歩く」
  集合:近鉄大和八木駅 10:00集合
 案内:鈴木朋美(橿考博学芸課主任研究員)
コース予定:近鉄大和八木駅→八木環濠→国分寺跡→JR畝傍駅→院上遺跡→飛鳥川東・西  
橋梁→今井環濠→四条遺跡→小房線跡→大窪寺跡→橿原遺跡→久米石橋遺跡→近鉄橿原神宮前駅
◇第40回名古屋大和考古学講座
 日時:6月22日(土)午後13時開場
 会場:名古屋港ポートビル 4階講堂
◇令和6年度 重要文化財指定記念 特別陳列
  「ホケノ山古墳  ―大和王権の成立へー」
 主 催  :奈良県立橿原考古学研究所付属博物館
 期 間  :令和6年6月29日(土)~7月15日(月)
 休館日 :最終日を除く毎週月曜日
 開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
  〇講演会(申込不要・聴講無料)
     会場:橿原考古学研究所 講堂(定員250名)
     日時:7月7日(日)13:00~16:15(12:00開場)
     演題:重要文化財「ホケノ山古墳出土品」を考える
      ①岡林孝作(当研究所)
          「ホケノ山古墳―倭王権の成立へー」
      ②北山峰生(当研究所)
          「古墳を飾る土器」
      ③水野敏典(当研究所)
          「副葬品からみたホケノ山古墳の位置づけ」
  〇列品解説(申込不要・聴講無料)
     会場:奈良県立橿原考古学研究所付属博物館 特別陳列室(ただし入館料が必要です)
     日時:7月13日(土)10;30~11:30
◆7月例会
 日時:7月21日(日) 開演13時(開場12時)
 会場:研究所1階講堂
 演題と講師:研究所の若手所員が最新の研究成果を発表します
     「塩の生産と流通:古墳時代の近畿を中心に」
         岩崎郁美(橿考研主任技師)
     「文字のはじまりと奈良墨」
         岡見知紀(橿考研主任研究員)
◇第138回東京大和考古学講座
 日時:7月20日(土)午後13時半開場
 会場:都立産業貿易センター浜松町館 4階第3会議室
◇速報展「大和を掘る 39」
 期間:7月27日(土)~9月16日(月・祝)
◇第8回大阪講演会
 日時:10月13日(日)午後12時開場 13時開演
 会場:大阪市住吉区民センター(錦秀会 住吉区民センター)大ホール