yushikai.jpg

運営委員会


友史会シンボル地光寺廃寺の鬼   

友史会会長  下尾 茂敏

 会長をお引き受けして今年6年目になりました。
今年度も引き続き務めさせていただきますのでご支援よろしくお願いいたします。
 昨年に引き続き博物館が休館で今年度はコロナウイルスの洗礼で始まりました。
4月例会は延期としましたが、5月例会も緊急事態宣言と外出自粛、三密排除のため例会開催は断念し、
紙面の解説読んでいただきグーグルマップで道順を確認しながら、ホームページの写真で遺跡を見学いただくこととしました。
ぜひ機会がありましたらご自身で遺跡を巡ってみてください。
6、7月例会講演会も紙面による講演会として読み切りと連載を各1編掲載することといたしました。
東京名古屋大和考古学講座も、6,7月開催分は紙面講演会として会報とは別に印刷してお送りします。
9月以降例会を再開できることを祈ります。会員の皆様にはご辛抱とご協力お願いいたします。
 遺跡地図は、シート44「南山城(京田辺市・八幡市)の遺跡」を8月末発行の9月会報に同封します。
この後京都市まで北へ広げて完結予定です。 
 恒例の国内旅行は今年も参加しやすい日帰りバス旅行とし、12月に18年ぶりに若狭を訪問、地元の入江先生のご案内で年縞博物館と古墳を巡ります。
 東京大和考古学講座はお手数をおかけした往復はがきによる事前申し込みをやめて先着順としました。これまでの実績では、会員の皆様には全員入場いただけます。
 今年は大阪講演会の年です。年明けに開催できればと思います。 
 運営委員を常に募集しております。特に会報やホームページの編集ができる方はぜひお願いいたします。気軽に運営委員に声をかけてください。


◇令和元年度 友史会運営委員◇◇

 会  長:下尾 茂敏
 顧  問:青柳 正規(研究所 所長)
      岡林 孝作(研究所副所長兼博物館館長)
      森田  勝(友史会前会長)
 会計監査:上田 美鈴(研究所 総務課長)
 委  員:上田 至克   重里 育孝
      田中 吉満   筒井 和子
      土井  明   中澤 信男
      中西 隆子   原口 憲次郎
      原崎多世子(新任)
      松浦 章二   山口 憲二
  【東京支部】
      清水 洋一(新任) 高須 裕一(新任)
  【名古屋支部】
      山田 伸子   山本 哲夫
  【博物館・研究所】
      坂  靖 (企画学芸部長)
      川上 洋一(調査部長)
      吉村 和昭(学芸課長)
                       (敬称略)