yushikai.jpg

運営委員会


shimoo.jpg

  

友史会会長  下尾 茂敏

 会長をお引き受けして、はや五年目になりました。今年度も引き続き務めさせていただきますのでご支援よろしくお願いいたします。

 昨年末から博物館が休館になりました。博物館開館までの間、例会の回数は年10回と変わりませんが、会員の皆様が参加しやすいように、特別な運営を行います。
 猛暑の6、7月と寒中の2月を研究集会として、古墳時代と古代の講演会を行います。気候の良い、4、5、9、10、11、12、3月は歩く例会とし、特に残暑の残る9月はバスを使う予定です。
 遺跡地図は、京都府シリーズが始まります。シート43「南山城(木津川市・綴喜郡井手町)の遺跡」を8月末発行の9月会報に同封する予定です。今後京都府を順次北へ広げてゆきます。
 恒例の国内旅行は参加しやすい日帰りバス旅行とし、徳島の遺跡の宝庫、気延山周辺の前期古墳を中心に巡ります。
 東京4回、名古屋2回の大和考古学講座は例年通り開催し、秋の東京講座は、橿考博の所蔵品を展示する東京国立博物館特別展示に関連した講演会とする予定です。
 名古屋では名古屋大学ホームカミングデーに合わせて講演会を行います。
 様々な行事に、奮ってご参加いただき、ぜひお知り合いにも入会をおすすめください。
 毎回、同じお願いをしております。運営委員を常に募集しております。例会の下見や当日の交通整理、会報やホームページの編集など、できることからやっていただけます。興味のある方はいつでも気軽に運営委員に声をかけてください。

◇令和元年度 友史会運営委員◇◇

 会  長:下尾 茂敏
 顧  問:青柳 正規(研究所 所長)
      豊岡 卓之(研究所副所長兼博物館館長)
      森田  勝(友史会前会長)
 会計監査:伊豆 充弘(研究所 総務課長)
 委  員:上田 至克   重里 育孝
      田中 吉満   筒井 和子
      土井  明   中澤 信男
      中西 隆子   原口 憲次郎
      原崎多世子(新任)
      松浦 章二   山口 憲二
  【東京支部】
      清水 洋一(新任) 高須 裕一(新任)
      柘 暢子
  【名古屋支部】
      山田 伸子   山本 哲夫
  【博物館・研究所】
      入倉 徳裕(研究所企画部長兼博物館副館長)
      岡林 孝作(研究所 調査部長)
      吉村 和昭(博物館 学芸課長)
                       (敬称略)