yushikai.jpg

お知らせ

◆友史会 ◇橿原考古学研究所附属博物館

2017/07/12 12:00
国際会議『シリア世界遺産の次世代への継承を目指して-パルミラ 奈良からのメッセージ』

【主催】シルクロードが結ぶ友情プロジェクト実行委員会・奈良県立橿原考古学研究所
【後援】UNDP(国連開発計画)、外務省、文化庁(申請中)、日本西アジア考古学会
【日程】平成29年7月11日(火)~7月13日(木)
【会場】奈良春日野国際フォーラム甍 能楽ホール
2017/05/27 13:00
 平成29年度も引き続き、5月に友史会国内遺跡旅行を計画中です。
期 日:5月27日(土)~28日(日)
訪問先:丹後・丹波地方
集合・解散:JR京都駅
現地講師:京丹後市観光振興課
         小山 元孝先生
概略コース:以下の見学遺跡・行程等は今後の具体的な検討に伴ない変更があり得ます。
第1日目
  京都駅→プラザホテル吉翆苑 (京丹後市)で昼食と小山先生によるミニ講座の後、
  京丹後市立古代の里資料館・神明山古墳・大成古墳群等を経て網野銚子山古墳・遠處遺跡
  ・赤坂今井墳丘墓・湧田山古墳群等。宮津ロイヤルホテルで夕食・宿泊
第2日目
  三坂神社墳墓群跡・大宮売神社・与謝野町立古墳公園はにわ館・蛭子山古墳・作山古墳群・
  日吉ヶ丘墳墓跡・私市丸山古墳・南丹市文化博物館・黒田古墳等を予定。京都駅着
申込み:4月号会報同封の応募チラシに従って手続きして下さい。
参加費用:3万3千円(予定)
募集人員:94名(応募が少ない場合費用が変更になることがあります)
2017/05/27 12:00
 今年度に引き続き、29年度友史会国内研修旅行を5月に実施します。
期 日 :5月27日(土)~28日(日)
訪問先 :丹波・丹後地方
集合解散:JR京都駅
現地講師:京丹後市観光振興課 小山元孝先生
概 要 :2006年、第6回友史会国内研修旅行「丹後を訪ねる」から早や10年が経ちました。
     その後発見された遺跡を加え、ヤマトには無い遺物、ヤマトに繋がる遺跡を求めて
     丹波道主命の国をめぐります。
募集人員:94名
※詳細は3月号会報に掲載します。
2017/03/19 12:00
日 時:平成29年3月19日(日)
テーマ:『特別陳列・ヤマトの戦士』関連講座
講 師:吉村和昭氏(当博物館)
    坂 靖氏 (当博物館)
※研究講座の合間に平成28年度友史会総会を行います。
2017/03/19 12:00
 3月19日の研究講座の合間に平成28年度の友史会総会を開催します。
 総会では、パワーポイントによる平成28年度の活動記録、29年度の運営委員の紹介等が内容となります。
2017/03/01 13:00
 3月号会報とともに、友史会遺跡地図シート40「上町台地の遺跡」を同封しています。
 ご活用いただければ幸いです。
 平成29年度はシート41「百舌鳥古墳群」を8月末に配布します。
 平成30年8月末配布予定のシート42「泉南の遺跡」で、大阪方面の遺跡地図は終了します。
2017/03/01 12:00
3月号に友史会遺跡地図・シート40「上町台地の遺跡」を同封します。
この後、シート41「百舌鳥古墳群」を平成29年8月末に、平成30年8月末にシート42「泉南の遺跡」の配布を予定しています。ご期待ください。
2017/02/28 12:00
友史会賞:全例会参加者
       (会員証例会欄に全押印があること。但し4月例会は気象警報発令があった為、カウントしません)
準友史会賞:友史会賞対象者外で、例会・講演会併せて十回以上の参加者
賞 品:3月総会で発表の予定です。
受取り期間:3月総会終了後から平成29年6月末日まで。
受渡し場所と受取り方法:橿考研附属博物館ミュージアムショップに自己申告してください(押印済みの平成28年度会員証提示のこと)。
2017/02/01 12:00
 友史会賞:気象警報発令のあった4月例会を除く全例会の出席者
  ◎記念品:クワガタ絵柄のお稽古バッグ(三色から選んでください)
 準友史会賞:友史会賞対象者以外で例会・講演会一〇回以上の出席者
  ◎記念品:銅鐸キーホルダー
 平成二八年度会員証を本年六月末までに博物館ミュージアムショップに提示して申告して下さい。記念品と感謝状をお渡しします。
2016/12/18 12:00
案内 鶴見泰寿先生
日時 平成28年12月18日(日)午前10時
集合 JR畝傍駅(近鉄橿原線八木西口駅から東へ徒歩約10分)
JR畝傍駅→小房線跡→畝傍御陵前駅→神武天皇陵→橿原文庫→八紘寮跡(橿考研附属博物館)→建国会館跡→大和国史館跡(橿考研)→野外公堂跡(橿原公苑駐車場)→大運動場(橿原公苑陸上競技場)→橿原神宮→文華殿(旧柳本藩織田屋敷)→久米寺→久米御縣神社→益田池堤跡→鳥坂神社→近鉄橿原神宮前